News

大阪府吉村知事 コロナ感染症対策に「イソジンうがい液」を推薦。ネット上では高額転売が相次ぐ

 

「嘘のような本当の話」4日に大阪府吉村知事と大阪はびきの医療センターは、「イソジンうがい液」を41人のコロナ感感染症軽症患者に対して、繰り返し行わせたところ、うがいを行わなかったコロナ感染症軽症患者に比べて、コロナウイルスが検出されなかった方が多かったと発表をした。これはイゾジンうがい液に含まれる成分「ポピドンヨード」が新型コロナウイルスを抑制する可能性があるとされています。この発表により、ドラッグストアや薬局では問い合わせが殺到し、ネット上ではイソジンうがい液が売り切れになる事態が起きている。また、フリマアプリ「メルカリ」や「PayPayフリマ」では高額転売がすでに始まっている。

イソジンうがい液に含まれる成分、「ポピドンヨード」とは?

ポビドンヨード(Povidone-iodine)は、ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分です。
ヨウ素のアルコール溶液であるヨードチンキなどでは人体への刺激が強かったため、ポリビニルピロリドンとの錯化合物として合成されたポビドンヨードが現在では広く普及しています。
また、ポビドンヨードの独特な茶色は消毒作用の活性を示しています。手洗いとして使用した場合、消毒範囲も目で見てわかるので、安心です。殺菌力はもちろんのこと、即効性に優れていることから、うがい薬や手指の殺菌、傷の消毒薬などに広く使われている代表的な消毒剤です。また、ポビドンヨードは人体や環境にもやさしい消毒剤です。(出典:明治うがい薬

具体的な臨床研究内容は?

具体的には、新型コロナウイルス軽症患者41人に1日4回うがいをさせたところ4日目にはポビドンヨードを含むうがい薬と使っていないうがい薬の2種類で試した結果、ポピドンヨードを含まないうがい薬を使用した患者の陽性率が40%だったのに対し、同成分を含むうがい薬を使った患者さんは9.5%に低下したという臨床結果が得られたとのこと。

ポピドンヨードは本当に新型コロナウイルスに効果があるのか?

上記臨床研究でも、ポピドンヨードを含むうがい薬を使用したコロナウイルス軽感染者はウイルスの減少が見られたという結果が出ている。大阪府知事の吉村知事も「法律の関係で効能については言えない。大阪府の宿泊療養施設で同意を得た上で軽症者の全員にうがい薬を使用してもらうようにしたい」と述べたことから、イソジンうがい液が新型コロナに対して効能や効果を発揮してくれるのではないかと期待されている。しかし一方では、これはあくまでもすでに新型コロナウイルス感染症の患者さんにうがいを行なってもらった場合のことであり、感染していない人の予防効果については不明。また新型コロナウイルスが検出されなくなった、ということであり、感染症の症状が改善したという発表ではないため、治療薬としての効果についても不明です。今後のさらなる情報を待ちましょうと世間に冷静な判断を促す意見も出ている。

フリマアプリでの高額転売に注意

記者会見での発表を受けて、ドラッグストアなどでは「イソジン」の買い占めがすでに起き品切れが続出している。またフリマアプリの「メルカリ」や「PayPayフリマ」などでは早くも高額転売が始まっている。しかし許可なくオークションやフリマアプリなどで許可なく医薬品を販売するのは”医薬品医療機器等法に違反する恐れがあるため、転売や家にある在庫を販売しようとしている方は、違法のため注意してください。すでに販売されている転売品は「ポピドンヨード」が含まれていないものも高額で販売されているので、お店に無いからといって安易に転売には手を出さないようにしましょう。

-News

© 2021 FLife Labo Blog Powered by AFFINGER5