Entertainment

木下優樹菜 復帰発表から突然の引退劇の真相は?

今月6日付けで所属事務所を通じて引退発表が報じられた、元タレントの木下優樹菜(32)。同月1日付けでの復帰発表をしてからわずか5日の引退劇に周囲は"戸惑い"を隠せない。

木下優樹菜

木下優樹菜の引退に対して、所属事務所は「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し」「木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております。」とコメントしている。

これは以前木下優樹菜の姉が働いていたタピオカ店のオーナーに対して送ったDMが公表され”恫喝”騒動となり、ネット上で大炎上した。昨年11月から活動自粛をしていたが、タピオカ店との和解が成立していないまま、復帰発表を行いその際のコメントで「コツコツ私らしく頑張っていく」というコメントに批判的なコメントが多数寄せられていた。また、復帰発表からわずか5日で引退発表の背景には「信頼関係を維持することが著しく困難」とある様に事務所側でも把握し切れていなかった新たな人間関係のトラブルがあったのではないか?とも言われている。復帰発表前にタピオカ店との和解をし、事務所側とも洗いざらい腹を割って話をして足並みを揃えていれば、この度の様な引退劇にはならなかった様にも思える。

いずれにせよ「これ以上召集がつかなくなる前に」と判断した事務所側と木下優樹菜自身、そして幼い子供たちがマスコミに追い回される生活から開放される為にも、一般人になる道を選んだのかもしれない。

木下優樹菜引退発表 プラチナムプロダクション発表

 

木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。愛称はユッキーナ。東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。

-Entertainment

© 2021 FLife Labo Blog Powered by AFFINGER5