Entertainment

横浜流星 新型コロナ感染で入院 舞台出演、新ドラマの撮影も一時休止

横浜流星

俳優の横浜流星(23)が21日、新型コロナウイルスに感染して入院していることが明らかになった。横浜が入院中であることは同日に所属事務所の公式サイトでも発表があった。

新型コロナウイルス感染について

7月21日(火)、当社所属の横浜流星が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。

7月20日(月)夜、巌流島の舞台稽古終了直後の検温では発熱はみられませんでしたが、帰宅途中に倦怠感から、検温したところ当人に発熱症状が見られ、医療機関を受診したところ、抗原検査、PCR検査を受けることとなりました。
7月20日(月)深夜に抗原検査の陽性の検査結果を受けました。
現在PCR検査の結果は、まだ出ておりませんが、7月21日(火)昼頃、保健所からの連絡により、病院との話し合いの結果、現時点で抗原検査の結果が陽性のため、新型コロナウイルスに感染していると判断されました。

医療機関受診後、当人は病院の指導に従い、入院・治療を行なっております。

仕事関係者・共演者の皆様、いつも応援して下さっているファンの皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを、心よりお詫び申し上げます。
当人も病状の回復に全力で努めております。

今後も医療機関、行政機関の指導の下、当人の体調管理を徹底してまいります。
当社におきましては、所属者並びに社員、関係者の皆様への感染防止を最優先に、引き続き対策を徹底し業務を行ってまいります。」と報告。

横浜が主演舞台を務める「巌流島」(8月6~11日、東京・明治座)について21日、公式サイトで東京公演の中止が発表された。また、8月12日開始の日本テレビ系ドラマ「私たちはどうかしている」でも主演を予定している。同局宣伝部は「横浜さんの体調が回復したり、そのほか撮影の条件が整ったりするまで撮影は止める」と説明。初回を予定通り放送するか、延期するかについては「検討中」としている。

プロフィール

横浜流星(よこはまりゅうせい)

■1996年9月16日生まれ:21歳

■出身地:神奈川県

■身長:174cm

■血液型:O型

■特技:バク転、極真空手(初段)

■Instagram:フォロワー約14万人

■事務所:株式会社スターダストプロモーション

 

2011年「仮面ライダーフォーゼ」にてドラマデビューし、「烈車戦隊トッキュウジャー」にも出演し人気を博す。

2017年、菅田将暉らと共演した『キセキ ―あの日のソビト―』ではアーティスト「GReeeeN」 のナビ役で出演、「グリーンボーイズ」としてCDデビューも果たし、数々のランキングで1位を獲得。2018年映画「虹色デイズ」、映画「兄友」と立て続けに主演映画に出演。現在放送中のフジテレビ「彼氏をローンで買いました」(毎週金曜24:55~)ではメイン役で出演中。その他、映画「honey」、ドラマ「しろときいろ ~ハワイと私のパンケーキ物語~」など多数メイン出演。世界最大の日本映画専門の映画祭である「ニッポン・コネクション」への出品も決まった「青の帰り道」にも出演。

2019年1月25日には主演映画「愛唄―約束のナクヒト―」の公開が控えている。10代、20代の女性から絶大な支持を誇る、注目の若手俳優。

(出典:ユニバーサルミュージックシャパン

-Entertainment

© 2021 FLife Labo Blog Powered by AFFINGER5