Fitness

【簡単】自宅でできる二の腕痩せに効果的!おすすめな筋トレ5選

読者の悩み

悩んでる人
・最近二の腕が太くなってきた
・二の腕がぷよぷよしてきた
・二の腕痩せの方法がわからない

 

 

などなど二の腕を引き締めてスッキリさせたい方はたくさんいると思います。

普段の生活でははあまり使わない部位だけに、油断しているとすぐに脂肪が付きがちです。

今回はそんな二の腕にスポットを当てて、二の腕痩せに効果的な筋トレと太くなる原因を解説したいと思います。

 

この記事を読むメリット

  • 二の腕痩せの方法が学べる
  • 実践すれば引き締まった二の腕が手に入る

 

本記事の内容

 

二の腕が太くなる3つの原因

そもそもなぜ二の腕は太くなってしまうのか?

太くなる原因をまとめてみました。

1.脂肪がついてしまっている 2.筋力不足 3.姿勢が悪い


1.脂肪がついてしまっている

二の腕は脂肪が付きやすい部位でもあります。

日々の食事や運動不足により脂肪がついてしまっていることが原因で太くなってしまいます。

 

2.筋力不足

筋力の不足(低下)により締まりがない状態になっている可能性があります。

筋力が不足するとハリが消えてしまい脂肪が目立ってしますので、必然的に締まりがなく太い二の腕が出来上がってしまします。

こういった場合は日常生活で荷物を運んだりと二の腕を使う場面が圧倒的に少ない理由が考えられるので、日々の動きで二の腕を使うように意識しましょう。

 

3.姿勢が悪い

猫背や前屈みになりがちの方(普段から座り仕事が多いなど)は肩を含んだ、腕まわりの筋力を低下させるので、二の腕に脂肪がつきやすい環境を作ってしまいがちです。

また肩甲骨周りが硬い方も二の腕が太くなりやすいと言われています。

二の腕痩せをするためには、普段から二の腕を使う運動を取り入れたり、猫背などの姿勢の改善、また肩甲骨周りのストレッチなどで改善できます。

 

二の腕痩せに効果的な筋トレ5選

・ノーマルプッシュアップ

ご存知の方も多いと思いますが、ノーマルプッシュアップとは腕立て伏せのことです。

苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、最初は膝などをついてチャレンジしてみてください。

徐々に慣れてきたら、膝をつかずにやってみましょう。

masato
二の腕だけでなく大胸筋や背中、インナーマッスルなど幅広く鍛えることができ、筋力UPも期待できるため、基礎代謝が上がり痩せやすい身体に近づくことができます。


・ナロープッシュアップ

ノーマルプッシュアップよりも手幅を狭くして行うトレーニングです。

masato
ノーマルプッシュアップが全身を鍛えてくれるのに対して、ナロープッシュアップは主に二の腕(上腕三頭筋)、三角筋、大胸筋の強化を促進してくれます。

 

・プッシュアップバー

個人的におすすめなのがプッシュアップバーです。

上記のノーマルプッシュアップより、筋肉にさらに負荷を与えることができるので効果が出るスピードも早めです。

masato
しかし慣れていないときついので、最初のうちは無理をせずに行っていきましょう。

※プッシュアップバー を使った筋トレについてはこちらの記事でも紹介しています。

詳しくはコチラ

 

 

・ダンベルトレーニング

ダンベルを用いて、二の腕(上腕三頭筋)を集中的に鍛えることができます。

最初のうちは軽いものから始めて、慣れてきたら徐々に重量を上げていきましょう。

masato
ダンベルを用いると、よりピンポイントで二の腕を鍛えることができるので早く効果を出したい方にはおすすめです。

 

・二の腕痩せ動画でエクササイズ

最近ではYouTubeなどで5分間や3分間で二の腕痩せに特化したエクササイズがアップされています。

masato
こういった動画は時間がなくて思うようにトレーニングできない方には非常に重宝するものだと思います。

しかも動画の向こうでノリノリの音楽で一緒にエクササイズしてくれるので、楽しく取り組むことができますし、何より継続しやすいのかなと思います。


 

まとめ

いかがでしたか?二の腕痩せを目指すなら、効率よく痩せれるトレーニングがおすすめです。

しかも二の腕だけではなく別の部位も一緒に鍛えてしまえば、基礎代謝も上がり痩せやすい身体になるので一石二鳥。

ただ無理をして怪我をしてしまっては元も子もないので、決して無理なトレーニングはしないでくださいね。

正しいフォームとやり方を意識して、楽しく継続できる方法を見つけて引き締まった二の腕を手に入れましょう。

-Fitness

© 2021 FLife Labo Blog Powered by AFFINGER5